アフリカチャレンジ第2章 -続編-




前回、アフリカチャレンジ第2章でウガンダへ渡航するというところまで出していました。

今回はその続編を。

アフリカ挑戦の現状

ウガンダへ無事到着後、練習参加をしているところまでは前回の記事にて書きました。

その後は、約1ヶ月間参加し、チームメイトにも名前を覚えてもらい楽しく参加していました。

チームメイトともコミュニケーションが取れ始め、高地にも慣れて練習が楽しくなってきたタイミングでアフリカネーションズカップ予選の代表戦、国体のようなものの影響でリーグが約2ヶ月間の中断に。

3月初旬はオフ期間ということもあり練習もほとんどない状態になり、コンディションが良くなってきた残念なタイミングで休みに入ってしまったなという気持ちと、日々慣れない環境で挑戦をしているため休みでリフレッシュが出来るという気持ちでオフを過ごしていました。

そんな矢先に、連日テレビでも放送されており世界中で猛威を奮っているコロナウイルスがやってきました。

やはり人が集まるスポーツは自粛の対象になり、練習も試合もない状態になりました。

コロナウイルスの影響

コロナウイルスの影響にてウガンダ国内のスポーツが当面の間禁止されています。

そのため、現状はリーグ再開の目処が立っていないということと練習が出来ていないので再開は厳しいのではないかという意見もちらほら聞くようになってきています。

今後、数週間でどこまで落ち着くかによっては今シーズン(5月末まで)のリーグ戦は中止になる可能性は大いにありえます。

このまま中止になったとしても75%の試合数を消化しているので順位はこのまま終わるというレギュレーションがウガンダサッカー協会の中で定められています。

ただ、その後の影響次第では来シーズンの開幕すら怪しくなってくる可能性が出てきます。

契約に至った場合

現状はチームの上層部の方々と話を行い来シーズンからの加入で話を進めています。

なぜ、来シーズンからかと言うと、今シーズン中の移籍期間が終了しているので来シーズンからの契約となります。

加入が確実になると8月末もしくは9月初旬の開幕なので7月中旬から下旬にかけて合流し、キャンプ・プレシーズンを経て開幕となります。

まずはそこまでにコロナウイルスが落ち着き開幕が出来るということが前提ですが。

チームの上層部との話では契約は大方合意という形になってはいますが、コロナウイルスの問題が一番の問題になってきそうです。

お願い

現状のウガンダでの景気を見ている限りでは、給料を多く見積もっても3-4万円。

現地では生活は問題なく出来ますが、帰国の際の航空券を購入することも厳しいということが現状です。

これに伴い、今回マンスリサポート会員を募集することにしました。

下記リンクより詳細を確認してもらえればと思いますが簡単に説明を。

Facebookグループを作成し、現地での試合や練習の様子の報告と生活の様子を共有していければと思います。

また、シーズン終了後の帰国の際には活動報告会を行いますのでその際の無料招待券を配布したいと考えています。

また上会員様にはシーズン終了後にはサイン入りユニフォームを送付させていただければと予定しています。

問い合わせ

どんな些細なことでも構いませんので質問してみたい等があれば下記SNSやお問い合わせフォームより連絡ください。

TwitterFacebookInstagramからメッセージ、もしくはお問い合わせフォームから。

サッカー留学相談、語学留学相談、人生相談

会ってみたい、話をしてみたい

など、なんでも受け付けています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ウガンダ(アフリカ)のトップリーグでサッカーをする30歳です。 実際、現地にいて感じたこと・知ったこと・経験したことを、今後海外に飛び出していきたいという人の背中を押してあげられればと思っています。