ジンバブエへの挑戦




5年間住んだオーストラリアへの挑戦を終え、次なる挑戦の地はジンバブエ。

選手生活最後の挑戦ということで未知なる世界への挑戦を決意。

果たしてどうなる。

ジンバブエとはどんな国?

そもそもジンバブエってどこ?ってなると思います。

自分も行くと決まるまではどこにあるかすらわかりませんでした。

ジンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく)、通称ジンバブエは、アフリカ大陸の南部に位置する共和制の国家である。首都はハラレ。内陸国であり、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する。なお、地図を一見すると接しているように見えるナミビアとは、ザンビア、ボツワナを挟んで150メートルほど離れている。2003年に脱退するまでイギリス連邦の加盟国だった。

Wikipediaより引用

そんなジンバブエですが、今となっては一般成人男性が一生で言うジンバブエをこの2ヶ月ぐらいで言っていると思います。

ジンバブエでのプロ契約への挑戦

結論から言うと、ジンバブエのトップリーグであるジンバブエプレミアリーグのYadah FC

 

契約することができました!!!

 

これでジンバブエプレミアリーグ所属のプロサッカー選手となりました。

ちなみにジンバブエプレミアリーグ史上初の日本人選手ということです。

が、契約したことで満足せず、ここがスタートラインです。

と言うことで、次の目標は試合に出て結果を残すということにします!

ジンバブエプレミアリーグとは?

ジンバブエ・プレミアサッカーリーグ(英: Zimbabwe Premier Soccer League)は、ジンバブエサッカー協会が統括するジンバブエのプロサッカーリーグにおける最上位ディビジョンの名称である。2011年現在は、スポンサー名を冠してキャッスルラガー・プレミアサッカーリーグ(Castle Lager Premier Soccer League)と呼ばれている。

Wikipediaより引用

18チームのホーム&アウェイで行われ、3月末から11月末のシーズンとなっています。

優勝チームには、アフリカチャンピオンズリーグへの出場権が貰えます。

ネット上での情報は少なく、まだまだ未知のリーグなので今後自分の経験とともにアップデートしていければと思います。

まとめ

今までとは生活の環境、サッカーの環境が大きく違う中に飛び込むことに不安もありましたが、無事契約までたどり着くことができてよかったです。

また、チームメイトも日本人が珍しいので積極的に絡んできてくれます。

右も左もわからない状況では非常にありがたいですね。

このアフリカチャレンジという経験を通じて、人間として一回りふた回り大きくなりたいです。

1ヶ月ほどで、周りに日本人がいないので英語が上達しそうです。

今後は、少しずつジンバブエについて書いていきたいと思います!




1 個のコメント

  • 新しい挑戦とジンバブエの活躍、これからもずっと応援しています!!
    挑戦して攻めてる人の話はワクワクしますね。

    福島ユナイテッドFCの応援に来た時に、サポーター席まで来ていただき、
    ありがとうござました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    オーストラリア(ブリスベン)在住5年目のサッカープレイヤー29歳です。 実際、現地にいて感じたこと・知ったこと・経験したことを、今後海外に飛び出していきたいという人の背中を押してあげられればと思っています。