オーストラリアのリーグ構成は?




オーストラリア サッカー事情

まずはオーストラリアのサッカーのレギュレーションから。

一番上にオーストラリア唯一のプロリーグでもあるAリーグがあり、

その下に各州ごとのNPL(National Premier League)があります。

細かい部分は州によって違うので僕が過ごしてきたQLD州を例にとってみていきます。

この記事のトップにある図から説明していきます。

オーストラリアで唯一のプロリーグは10チームのリーグ構成のAリーグのみです。

ここには本田圭佑選手が所属するチームがあります。(20189月現在)

過去には小野伸二、三浦和良、デルピエロ、ダヴィド・ビジャといった世界的に有名な選手もプレーしています。

そこから下のリーグはセミプロ契約で試合給のみなのでシーズンオフや試合に出ないと給料はありません。

また、NPLからAリーグへのチームとしての昇格はなく個人昇格のみとなっています。

  • National Premier League Queensland (NPL)
  • Football Queensland Premier League (QPL)実質NPL2

NPLQPLに関しては州リーグの1部と2部という関係性なので昇降格があります。

そこから下は都市ごとに開催されているリーグなのですが、

ここでも僕が住んでいるブリスベンで見ていきます。

  • Brisbane Premier League (BPL)
  • Capital League1
  • Capital League2
  • Capital League3

ブリスベンにはブリスベン プレミア リーグというリーグがあります。

その下にもキャピタルリーグがあり、キャピタルリーグも3部まで存在しています。

BPLからQPLへのチーム昇格はなく、ここも上記同様の個人昇格のみです。

プロリーグであるAリーグへの個人昇格は狭き門ですが、

セミプロリーグ同士のBPLからQPLNPLへの個人昇格は頻繁に行われています。

今後、Aリーグのチームが増加したり、プロリーグの2部を作ったりという動きが出ています。

また、日本では人工芝がメジャーですが、オーストラリアではほとんどのチームが天然芝です。

小さい子供から大人のリーグまで天然芝でプレーしています。

そのため、海外挑戦に来た選手はその違いに戸惑う選手もいます。

オーストラリアサッカーに興味があれば下記お問い合わせからお願いします。

お問い合わせ

サッカー留学に興味がある、話を聞いてみたい

また語学留学について聞いてみたい等があれば

お問い合わせフォームよりよろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア(ブリスベン)在住5年目のサッカープレイヤー29歳です。 実際、現地にいて感じたこと・知ったこと・経験したことを、今後海外に飛び出していきたいという人の背中を押してあげられればと思っています。